セイル

作詞:服部 秀弥 作曲:服部 秀弥

何一つ手にしないで 生まれ落ちた身体に
ただ一つ宿るものは 小さな生命だ
何をすべきかどこへ行くべきか なんてことも分からずに
すがりつき食らいついた 夏は息を潜めた

何者にもなれぬまま 平々凡々が似合う自分が
乗り込んだその舟は 一体誰のもんだ
流されて辿り着いた 場所で手にするものは
幸福か 他人の幸福なのか

水平線に叫んだ 懐かしい声が聴こえた
「従い守るべきは自分が選んだ人生だろう」

他の誰でもないこの心が
命じる未来を向いて生きて行こう
迷い波ゆく先は暗くても

いつか消えてなくなるこの身なら
燃え尽きるまで共に在るとしよう
果てに 生まれ落ちた意味は見い出せるか

言ってしまえば 一歩初めて踏み出すんだ
まっさらさらな身体だからか 何から始めようか
自問自答繰り返し 自縄自縛ぶり返しても答えがないんだ
何が出来るか 誰になれるか

人波に濡れ霞んだ か細い声が聞こえた
「無我夢中のままに尽き果てれば本望だろう」

他の誰でもないこの心が
追い求めてやまない路ならば
迷い躊躇い立ち尽くす事はない

嘲り蔑まられるこの身でも
燃え尽きるまで共に在るとしよう
果てに 手にするものは自由か孤独か

このまま遠く大海原越えて
己に課した使命抱きながら
再び舞い上がる夏風に乗り
例えそれが人知られる旅路でも

他の誰でもない この心が
この武者震い勇み立つ心が
命じる 未来を向いて生きて行こう
明日を夢見る時間もないくらい

この身を焦がす程の想いなら
燃え尽きるまで共に在るとしよう
果てに 掴むのは陰り落とす残り火か
はたまた自分を生き抜いた証か

その他の動画

  1. the two

    ダークライド

  2. the two

    異世界のLight

  3. the two

    流れ

  4. the two

    旅のゲーム

  5. the two

    パステルブルーの夜

  6. the two

    空に浮かび、翔ける